米Inscripta社、「Onyx」デジタルゲノム編集プラットフォームを初出荷

 デジタルゲノム編集会社である米Inscripta社は2021年4月5日、「Onyx」プラットフォームの商用出荷を開始したこと、シリーズEで1億5000万ドル(約165億円)を調達したと明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)