英研究者、BDNFとTrkBの遺伝子治療で神経変性疾患の軸索輸送が改善

 英University of Cambridgeや英Quethera社などの研究チームは、遺伝子治療が、緑内障や認知症といった慢性の神経変性疾患に起因する軸索異常を改善する可能性を動物実験で示した。研究結果は、Science Advances誌オンライン版に2021年3月31日に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)