愛知医科大学三鴨教授、COVID-19の軽症にイベルメクチンとカモスタット

 ギリアド・サイエンシズは2021年 4月1日、オンラインメディアセミナー「新型コロナ治療の最前線に立つ医師が伝える『医療現場の現状と感染収束へ向けた道筋』」を開催した。演者は、愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学の三鴨廣繁教授だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)