大鵬薬品、FGFR阻害薬がFDAのブレークスルーセラピー指定を取得

 大鵬薬品(代表取締役社長:小林将之)と米子会社のTaiho Oncology社(ニュージャージー州プリンストン)は2021年4月2日、自社創製した共有結合型FGFR阻害薬(フチバチニブ、TAS-120)が米食品医薬品局(FDA)からブレークスルーセラピーの指定を取得したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)