政府がワクチンタスクフォースを立ち上げ、開発や生産体制の課題を整理

 政府の医薬品開発協議会(議長=和泉洋人内閣官房健康・医療戦略室長)は2021年3月29日、「ワクチン開発・生産体制強化タスクフォース」を設置することを決めた。日本のワクチン開発・生産体制における課題を整理し、協議会に報告する。井上信治医療政策担当相は31日の閣議後会見で、「ウイルス変異株や今後の新たな新興・再興感染症にしっかりと対応するためにも、関係者の垣根を越えて十分な議論を行い、今夏をめどに結論を得られるよう進める」と語った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)