オランダuniQure社、血友病Bの遺伝子治療でHCCと診断された患者の調査結果報告

 オランダuniQure社は、2021年3月29日、血友病Bに対する遺伝子治療etranacogene dezaparvovecの第3相臨床試験(HOPE-B試験)で肝細胞がん(HCC)と診断された1例の患者について、包括的な調査の結果を発表した。調査結果から、etranacogene dezaparvovecがHCCを引き起こす可能性は極めて低いことが明らかになった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)