北大北島氏、「将来は下水から複数の感染症を分析し感染対策へ生かしたい」

 北海道大学大学院工学研究院環境創生工学部門の北島正章助教は、塩野義製薬との共同研究を通じ、下水中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)遺伝子の高感度検出・定量技術の開発を進めている。2021年3月9日には、日本水環境学会主催のオンラインセミナーで、下水試料中の固形物から検出することで、SARS-CoV-2を好感度で検出できることや、変異株検出用のプライマーを開発し、下水試料から変異株を検出できることを明らかにした。2021年2月25日、北島助教が本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)