サンバイオ、開発遅延のSB623は2021年中盤以降に申請か

 細胞医薬の開発を手掛けるサンバイオは2021年3月18日、オンラインで2021年1月期の決算説明会を開催した。慢性期外傷性脳損傷(TBI)を対象に開発中のSB623について、国内承認申請の時期が当初計画より1年以上遅延していることに関して、アナリストや報道関係者から質問が相次いだ。しかし遅延の具体的な理由、申請手続きの見通しなどは「当局との協議事項であるため非開示」として、一切明かされなかった。一部のアナリストは、2021年中盤あるいはそれ以降の承認申請がなされるとの予測を公表している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)