文科省、AMEDやJSTの新たな研究開発目標を決定

 文部科学省は、2021年度の日本医療研究開発機構(AMED)革新的先端研究開発支援事業(AMED-CREST、PRIME)の研究開発目標と、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(CREST、さきがけ、ACT-X)の戦略目標を決定した。全体で8つの目標が設定され、バイオ関連としてはAMEDの「感染症創薬科学の新潮流」、AMEDとJST共通の「ヒトのマルチセンシングネットワークの統合的理解と制御機構の解明」、JSTの「バイオDXによる科学的発見の追究」といった3つの目標が盛り込まれた。4月中旬に研究テーマを公募して、6月以降に課題を選定、10月に研究を開始する予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)