米Cognito社、デジタル医療機器がアルツハイマー病の第2相で脳機能改善

 米Cognito Therapeutics社は2021年3月9日、アルツハイマー病(AD)に伴う記憶障害や認知障害などの治療を目的に開発している視覚・聴覚刺激デバイス「GammaSense Stimulation System」について、第2相臨床試験(OVERTURE試験、米国の臨床試験データベースの登録番号:NCT03556280)で主要評価項目を達成したと発表した。主な副次評価項目も達成し、安全性も確認された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)