日本人ベンチャーキャピタリストの草分け、金子恭規氏に聞く(2)

 ベンチャーキャピタルの米Skyline Venturesの共同創設者であり、マネージングディレクターを務めた金子恭規氏によるロングインタビューの2回目。1980年前後に米国でバイオ産業が勃興したのに対して、日本に製品を導入しようとした企業は少なくなかった。どうして彼我の差はこれほど大きくなってしまったのか。スピードやスケールの違いはどこから来るのか。(聞き手は橋本宗明)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)