米SalioGen社がシリーズAで2000万ドル獲得、ウイルス不使用の遺伝子治療法を開発

 ウイルスベクターを使わない遺伝子治療を開発している米SalioGen Therapeutics社は2021年3月1日、シリーズAで2000万ドル(約22億円)を調達したと発表した。リード投資家は米PBM Capital社で、参加したその他の投資家の名前は公表されていない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)