独MercK社、IAPの開発と商業化に向けスイスDebiopharm社と提携

 ドイツMerck KGaA社は、2021年3月1日、アポトーシス阻害因子(Inhibitor of Apoptosis Protein:IAP)のアンタゴニストである経口低分子薬、xevinapant(開発番号:Debio 1143)の開発と商業化に向け、スイスDebiopharm社と世界的なライセンス契約を結んだと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)