神大と京大、理研、阪大、ジャガイモのソラニンはトマトの苦み成分から分岐進化

 神戸大学大学院農学研究科の水谷正治准教授と秋山遼太研究員らは、ジャガイモの芽などに含まれる有毒成分αーソラニンが、トマトのαートマチンに代表される苦み成分から分岐したことを見いだした成果を、Nature Communications誌にて2021年2月26日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)