内閣府SIPの評価で「スマートバイオ産業・農業」が予算削減

 内閣府は、2021年度の戦略的インベーション創造プログラム(SIP)12課題の評価結果と予算配分額を決定した。バイオに関連する「AIホスピタルによる高度診断・治療システム」と「スマートバイオ産業・農業基盤技術」は、ともに7段階中4番目のA評価を受けたが、スマートバイオ産業・農業基盤技術は相対的に点数が低かったため、2021年度予算は5%削減された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)