名大、膵臓がんの5-FU耐性を克服する核酸医薬ミセルを合成

 名古屋大学大学院医学系研究科・腫瘍生物学分野の近藤豊教授、同大学院生の田崎慶彦氏と名古屋市立大学、東京大学、ナノ医療イノベーションセンターのグループが膵臓がんの5-FU(フルオロウラシル)抵抗性に長鎖非翻訳RNAが関わっていることを発見した。また、そのRNAの機能を阻害するアンチセンス核酸(ASO)を搭載したナノミセルを投与することによって、マウスに移植した膵臓がん細胞の増殖を有意に抑制できることも確認した。この結果はCancer Research(2021年3月1日、米国東部時間)に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)