東京農業大学の第13代学長に江口文陽教授

 東京農業大学の第13代学長に、同大学地域環境科学部森林総合科学科の江口文陽教授/学科長が就任することが2021年1月の学長選挙により決まった。任期は2021年4月から2025年3月末までの4年間。2021年3月末に任期満了で退任する第12代学長の高野克己氏と、その先代の第11代学長の大澤貫寿氏(2011年7月から学校法人東京農業大学の理事長)は学長の任期が2期8年間だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)