英Oxford大学、米Janssen Biotech社と免疫性炎症性疾患の細胞マップを共同開発へ

 英University of Oxfordは2021年2月16日、米Janssen Biotech社と戦略的に提携して、広範な免疫性炎症性疾患(IMID)に関係する遺伝子と蛋白質を細胞レベルでマッピングし、これを利用した創薬標的の特性の分析などに取り組むと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)