米BMS社、米Molecular社と免疫毒素融合技術を用いたがん治療薬開発へ

 米Bristol Myers Squibb(BMS)社と米Molecular Templates社は、2021年2月11日、Molecular社が保有する毒素融合体「Engineered Toxin Body(ETB)」の基盤技術を適用したがん治療薬を共同開発すると発表した。BMS社が既に選定している標的を含め、複数の標的を対象とするETBの創出に向けて提携する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)