アンジェス、コラテジェンの市販後調査は順調に進展

 アンジェスは2月15日に2020年12月期の決算を発表し、17日には決算説明の動画を公開した。2020年12月期の売上高は前年同期よりも87.8%減少して3900万円、営業損益は前年同期よりも約23億円損失が拡大して55億9900万円の赤字、当期利益も損失が拡大して42億900万円の赤字となった。2021年12月期通期の業績見通しは、適正かつ合理的な業績の見通しが困難であるとして開示していない。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)