米Ensoma社、アデノウイルスベクター用いた遺伝子治療開発へ資金調達

 米Ensoma社は、2021年2月11日、シリーズAラウンドで7000万ドル(約74億円)を調達したと発表した。加えて同社は、調達資金のうち1000万ドル(約11億円)を出資した武田薬品工業と戦略的提携契約を締結したことを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)