キャンバス、膵臓がん3次療法を対象にしたCBP501の第2相計画を公表

 キャンバスは2021年2月16日、2021年6⽉期第2四半期決算の説明会を開催した。同時に膵臓がんの3次療法を対象に開発中のCBP501について、第2相臨床試験の計画を公表した。河邊拓己(かわべ・たくみ)社長は「CBP501とプラチナ系抗癌剤で『免疫コールド』ながん細胞を『免疫ホット』に変え、免疫チェックポイント阻害抗体の効果を高めるという我々の仮説をいよいよ証明することになる」と自信を見せた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)