米Novavax社、新型コロナワクチンの第3相で89.3%の有効性

 米Novavax社は2021年1月28日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する蛋白質ベースのワクチン(開発番号:NVX-CoV2373)が、英国で行われている第3相臨床試験(米国の臨床試験データベースの登録番号:NCT04583995)の中間解析で主要評価項目を達成し、89.3%の有効性を示したと発表した。加えて、南アフリカ(南ア)で行われている第2b相臨床試験(NCT04533399)の中間解析結果、米国・メキシコで行われている第3相臨床試験(PREVENT-19試験、NCT04611802)の進捗状況も明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)