塩野義、開発中止のDP1受容体拮抗薬を米BioAge社に導出、新型コロナ向けに開発へ

 塩野義製薬は、2021年1月26日、同社が創製して、過去に開発していたDP1受容体拮抗薬のS-555739について、米BioAge Labs社と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化抑制を対象とした米国、欧州での独占的開発・販売権を導出する契約を締結したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)