米Biohaven社、グルタミン酸調節薬でアルツハイマー病初期の進行が遅延か

 米Biohaven Pharmaceuticals社は、2021年1月18日、グルタミン酸調節薬のtroriluzole(開発番号:BHV4157)について、アルツハイマー病(AD)患者を対象とする第2/3相臨床試験(米国の臨床試験データベースの登録番号:NCT03605667)の中間解析結果を発表した。軽度から中等度のAD患者を対象に1日1回経口投与した結果、主要評価項目の達成には至らなかったものの、軽度の患者集団に限定すれば、48週間の治療で数値上の改善が認められた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)