米Delfi社がシリーズAで1億ドル調達、がん早期診断向けリキッドバイオプシーを開発へ

 がんを早期発見するためのリキッドバイオプシー検査を開発している米Delfi Diagnostics社は2021年1月12日、シリーズAで1億ドル(約104億円)を調達したと発表した。得られた資金を利用して、がん研究者と機械学習の専門家からなるチームを拡大する。複数の臨床試験を実施して、新たな次世代型リキッドバイオプシー技術の有用性を検証する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)