米Arcus社、CD73阻害薬が進行膵がんの第1相で有望データ

 米Arcus Biosciences社は、2021年1月15日、CD73を阻害する低分子薬のAB680について、転移を有する膵がんを対象としたファースト・イン・ヒューマンの第1/1b相臨床試験(ARC-8試験)で、増量を検討した部分の予備的なデータから有望なデータが示されたと明らかにした。1月15日から17日まで開催されたASCO 2021 Virtual Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI 2021)で、米Columbia University Herbert Irving Comprehensive Cancer CenterのGulam Abbas Manji氏が発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)