レナサイエンスが第一三共にPAI-1阻害薬を導出へ、COVID-19の重症化を阻止

 レナサイエンス(東京・中央、棚瀨敦社長CEO)は2021年1月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化を阻止する低分子化合物について、第一三共とオプション契約を締結したと発表した。この化合物は同社が慢性骨髄性白血病(CML)などを対象に第2相臨床試験に取り組んでいる、プラスミノーゲン活性化抑制因子1(PAI-1)の阻害薬だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)