武田と田辺三菱、公知化合物の薬効やADMETのデータを共有へ

 田辺三菱製薬は2021年1月18日、武田薬品工業と契約を締結し、公知の化合物を対象として、両社が社内で取得した探索研究段階の薬効やADMET(吸収・分布・代謝・排泄・毒性)のデータを共有する枠組みを構築したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)