独BI社、標的抗原同定技術持つ英Enara Bio社とがん免疫療法の開発で提携

 ドイツBoehringer Ingelheim(BI)社と英Enara Bio社は、2021年1月12日、がん免疫療法の戦略的開発提携とライセンス契約を締結したと発表した。Enara Bio社独自のがん抗原同定の基盤技術「EDAPT:Enara Dark Antigen Platform Technology」に加え、T細胞受容体(TCR)を介した免疫応答解析技術を活用し、肺と消化器の最大3つのがん種を対象として開発協力する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)