東京医大など、動脈硬化性疾患を対象にエクソソーム中miRNAマーカーを探索へ

 東京医科大学医学総合研究所分子細胞治療研究部門の落谷孝広教授、吉岡祐亮講師らの研究グループは、2021年1月から、動脈硬化性疾患の発症予測や患者層別化を目指し、血中のエクソソーム(細胞外小胞)に含まれるマイクロRNA(miRNA)マーカーを探索するプロジェクトを開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)