京都iCAP、約180億円規模の2号ファンド設立、京大以外へも投資へ

 京都大学イノベーションキャピタル(京都iCAP、京都市左京区、楠美公代表取締役)は2021年1月12日、京都大学の認定ファンドとして、イノベーション京都 2021投資事業有限責任組合(KYOTO-iCAP2号ファンド:2号ファンド)を設立したと発表した。2号ファンドでは、京都大学以外の国立大学発のベンチャー企業へも投資を行う。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)