第一三共、先駆け指定のがん治療用ウイルスG47Δを承認申請

 第一三共は2021年1月5日、東京大学医科学研究所の藤堂具紀教授と共同開発しているがん治療用ウイルス(ウイルス療法)のG47Δ(一般名:teserpaturev、開発コード:DS-1647)について、2020年12月28日付で再生医療等製品の承認申請を実施したと発表した。承認申請された適応症は悪性神経膠腫(膠芽腫)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)