仏AB Science社、アルツハイマー病対象masitinibの第2B/3相で好結果

 フランスAB Science社は2020年12月18日、アルツハイマー病(AD)患者を登録して、経口チロシンキナーゼ阻害薬であるmasitinibの有効性と安全性を検討した第2B/3相臨床試験の結果と、masitinibの作用機序に関するデータの詳細を公開した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)