武田薬品とペプチドリーム、脳内移行ペプチドでALS薬など共同研究

 武田薬品工業とペプチドリームは2020年12月22日、ペプチド薬物複合体(PDC)の創製で共同研究契約を締結したと発表した。ペプチドリームがJCRファーマと共同で開発した、血液脳関門(BBB)を通過するトランスフェリン受容体結合ペプチドを活用する。対象は筋萎縮性側索硬化症(ALS)をはじめとする神経筋疾患領域で、中枢神経および全身の筋肉への薬物送達を実現して開発に結びつける。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)