3Dマトリックスと広島大のmiRNA核酸医薬、医師主導治験が2021年に開始へ

 自己組織化ペプチドを用いた止血材や癒着防止材などの販売を手掛けるスリー・ディー・マトリックスは2020年12月18日、2021年4月期の第2四半期決算説明会をオンラインで開催した。広島大学と共同で研究開発を進めているマイクロRNA(miRNA)核酸医薬について、広島大が2021年前半にも医師主導治験の届け出を行い、同年内に試験をスタートさせる計画であることを明らかにした。また同社は経口インスリンの共同研究を同志社女子大学と開始したことも明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)