ゲノム編集食品、初の届け出受理はサナテックシードのトマト

 筑波大学発ベンチャーのサナテックシード(東京・港)が2020年12月11日、厚生労働省の「ゲノム編集技術応用食品および添加物の食品衛生上の取扱要領」に基づき、食品「グルタミン酸脱炭酸酵素遺伝子の一部を改変しGABA含有量を高めたトマト」の届け出を行った。厚労省が食品衛生法に基づいたこの要領に基づいた届け出を受理したのは、これが初めて。米国などで栽培されているゲノム編集育種作物由来の食品の届け出受理も有力とされてきたが、内閣府主導プロジェクトにより開発が加速されたトマトが、第1号になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)