筑波大発サナテックシード、ゲノム編集トマトの苗を来春から提供へ

 筑波大学発ベンチャーのサナテックシード(東京・港)は、ゲノム編集技術を用いて品種改良したGABA高蓄積トマト「シシリアンルージュハイギャバ」の苗の提供を2021年5月中旬から始める。商品化に必要な手続きである厚生労働省への届け出と農林水産省への情報提供と届け出の計3件の手続きを2020年12月11日に終えた。





この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)