慶應大、新型コロナの重症度はウイルスゲノムの非同義置換数と逆相関

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の重症度が、ウイルスゲノムに蓄積される点変異の一種である非同義置換(アミノ酸を変える置換)の多さと逆相関することが判明した。慶應義塾大学のCOVID-19の研究チーム「慶應ドンネルプロジェクト」が、2020年11月24日、研究成果を医学分野のプレプリントサーバー「medRχiv」で発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)