王子HD、独自基材の創薬支援や再生医療の応用で順天堂大と共同研究

 製紙大手の王子ホールディングスは、2020年12月11日までに、同社が開発・販売している細胞培養基材の創薬や再生医療への応用を目指し、順天堂大学大学院医学研究科難治性疾患診断・治療学の岡﨑康司教授(難病の診断と治療研究センターのセンター長)の研究グループと共同研究をスタートさせた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)