米Roivant Sciences社、標的蛋白質分解技術の開発が進展、2021年に臨床試験入り

 米Roivant Sciences社は2020年12月6日、コンピュータを活用して設計した、6つの標的に対する標的蛋白質分解誘導薬の前臨床開発が進行しており、最も開発が進んでいる製品候補については、2021年に臨床試験の開始を予定していることを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)