日本薬剤疫学会など4学会が共同声明、ワクチン安全性監視システムの構築を要望

 日本薬剤疫学会、日本疫学会、日本臨床疫学会そして日本ワクチン学会の4学会は2020年11月27日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン実用化が間近に迫っていることを受けて共同声明を発表した。かつてない規模でワクチンの接種が始まろうとする中で、ワクチンレジストリの構築などを呼び掛けている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)