投資運用業のAIFAM、大学発シーズのアクセレレーションプログラム立ち上げ

 AIFAMグループは、オルタナティブ投資を専門とする投資顧問・コンサルティング会社として2001年に設立された。米国ニューヨークと東京を拠点とし、大手企業の年金基金を中心として、2020年8月末時点で約700億円を運用を受託する投資運用業者だ。同グループ傘下で東京に拠点を置く、AIFAMアセットマネジメントが、2020年夏からヘルスケア分野やライフサイエンス分野のシーズの商業化を後押しするアクセレレーションプログラムである「Triple Bridge Acceleration Program:TBAP」を立ち上げた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)