独Bayer社、細胞・遺伝子治療開発を統括する専門部署を新設

 ドイツBayer社は2020年12月2日、同社のPharmaceuticals部門内に細胞・遺伝子治療開発に資源を集中する部署として、「Cell and Gene Therapy(C&GT)Platform」を新設したと発表した。現在のC&GT開発パイプラインを前進させるとともに、新たな様式のC&GTの研究開発・製造・商業化の基盤を構築し、成長させていく戦略だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)