Pennsylvania大学、PAK4阻害薬の併用でcold tumorに対するCAR-T療法の効果が向上

 米University of Pennsylvania医学部は、CAR-T療法にPAK4阻害薬を組み合わせると改変T細胞が腫瘍を効率良く攻撃できるようになり、膠芽腫(GBM)モデルマウスの生存期間が延長することを示唆する結果を得た。成果はNature Cancer誌電子版に、2020年11月30日に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)