中外製薬、デジタル戦略説明会でDxD3の新薬創出を紹介

 中外製薬は2020年12月2日にデジタル戦略説明会を開催した。同社は2019年にデジタル推進組織を立ち上げ、2020年3月には「デジタル技術によって中外製薬のビジネスを革新し、社会を変えるヘルスケアソリューションを提供するトップイノベーターになる」という、2030年までの「CHUGAI DIGITAL VISION 2030」を発表している。VISIONは、「デジタル基盤の強化」と「全てのバリューチェーンの効率化」「デジタルを活用した革新的な新薬創出(DxD3:Digital transformation for Drug Discovery and Development)」の3つの戦略から成り、それらを統合することで、患者や医療関係者に革新的なサービスを提供することを目指している。説明会では、DxD3を中心に、中外製薬のデジタル戦略の全体像が説明された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)