Alphabet社傘下のDeepMind社、AIで蛋白質折り畳み構造を高精度に予測

 あるアミノ酸配列から合成された直鎖状の蛋白質が、折り畳み(フォールディング)によって特異的な立体構造を形成していく反応機構の解明に向けて、世界中の様々な学問分野の研究者が多様な技術を駆使して挑戦している。そうした中、米Google社の持ち株会社である米Alphabet社傘下の米DeepMind社が開発中の人工知能(AI)システム「AlphaFold」を活用し、蛋白質の折り畳み構造を高精度に予測することに成功した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)