藻類βーカロテン単独の機能性表示、初の販売開始は三源庵「ひとみカステラ」

 微細藻類の培養で生産される天然型β-カロテンを機能性関与成分として配合した機能性表示食品の販売が2020年11月30日から始まった。三源庵(京都市伏見区)の「ひとみカステラ」(届出番号:F470、届出日:2020年9月18日)だ。機能性関与成分名は「ドナリエラバーダウィル由来ベータカロテン」で、「ドナリエラバーダウィル由来ベータカロテンは、目のピント調節機能の向上を助けることが報告されている」旨を表示している。1日摂取目安量のカステラ50g中に含まれるβ-カロテン量は10mgだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)