Novartis社、豪Mesoblast社から他家MSC療法のライセンスを取得

 スイスNovartis社は2020年11月19日、オーストラリアMesoblast社が開発している他家骨髄由来間葉系幹細胞(MSC)療法(開発番号:MSC-100、一般名:remestemcel-L)の全世界での独占的ライセンスを取得し、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)などを対象に共同開発すると発表した。呼吸器以外の疾患・病態の適応でも開発を進める可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)