英Immunocore社、ぶどう膜メラノーマ対象tebentafuspの第3相中間解析で好結果

 英Immunocore社は2020年11月23日、T細胞受容体(TCR)と二重特異性抗体を組み合わせたtebentafusp(IMCgp100)を、治療歴の無い転移性ぶどう膜メラノーマ(mUM)患者に適用した第3相臨床試験IMCgp100-202の中間解析で好結果が得られたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)